より自然により美しく。治療期間は短く寿命は長い歯の治療

まるで自分の歯のような白さと透明感のための土台

白い歯と一口に言っても人間の歯は光を当てると若干の透明感があります。自然な歯とは若干の透明感があるものといっても過言ではありません。審美歯科で作るセラミックの歯には金属を全く使っていないので透明感があります。しかし土台に金属を使ってしまったら台無しです。審美歯科では土台にはセラミックではなくファイバーを使います。ファイバーはガラス繊維の束で白い素材です。しなやかで弾力があり歯根にかかる負担を軽減してくれます。また型取りをして技工所に出す必要がないのでその日のうちに入れることができます。

白い土台の上にかぶせるセラミック

審美歯科では白い土台の上にメタルフリーの被せものをします。金属を使っていないため歯と歯茎の境目が黒くなることも防ぐことができます。金属が原因で歯茎が黒くなってしまうと、歯茎の着色は落とすのは時間も費用もかかってしまいます。また金属の被せものよりも軽いため歯だけでなく歯茎にも負担をかけずに済むメリットもあります。セラミックやジルコニアと呼ばれる被せものには見た目の美しさだけではなく機能的にも優れています。

土台から被せものまで最速で数時間のスピード

歯科医院の中にはキャドカムという機械を導入している医院があります。これは患者さんの歯型を3Dのデーターとして取り込んで被せものをコンピューターで削り出す機械です。これにより従来は技工所で1週間ほどかかっていた時間がわずか数時間しかかかりません。人件費もないので同じセラミックでも低価格で提供することも可能です。これにより従来の方法だと2週間ほどかかっていた治療期間が土台を立てる所から被せもののセットまでが半日ほどで完了させることが可能になったのです。

セレックは3Dカメラを使用して患部をスキャンする事で歯の修復物を作ると言う機器です。歯型を取る必要が無いので患者の負担が少ない治療法と言えます。